兵庫 警察官 パチンコ店 横領



結構な出玉があった模様
遺失物横領などの疑いで書類送検されたのは、兵庫県警の神戸北警察署に勤務していた56歳の警部補の男。捜査関係者によると、警部補は去年12月、伊丹市内のパチンコ店内に落ちていた遊技用のICカード1枚を持ち去るなどした疑いがもたれている。カードには約6万円相当の現金とパチンコ玉のデータが入っていて、警部補は現金を引き出したうえ、パチンコ玉を景品と交換したという。

調べに対し、警部補は容疑を認め、出来心で犯行に及んだという趣旨の供述をしているという。県警は、警部補を減給6か月の処分にし、警部補は8日付で依願退職した。


よくある類の話ではありますが、懲戒解雇ではなく「依願退職」なんですね(笑)それにしても結構出玉データが入っていたカードのようで、会員カードだったかも知れません。ホント、「出来心」って怖いですね~気を付けましょ