ねくすとフェーズ パチンコ



面白いチューリップ台・・・?
他の業界のサラリーマンだった方々がリストラされたり、低賃金で苦労しているのですから、パチンコ業界はそのような方々にも楽しんで頂けるレベルを目指さなければならないのですね。射幸性を落とした遊技性で、利益を上げるには遊技参加人数を増やさなければなりません。軍資金が軽くすみ、長時間遊べる環境が必要になります。

ある遊技機メーカー関係者の話によると、「検定基準は別として」と前置きした上でこう話します。「将来的、一般機を製造する会社はあるのかな? 昔のような、ボクシングタイプや羽根モノ、電役モノがこれからの時代に必要だと思うんだよな。初心者(新規ユーザー)に手軽に入門してもらうには、面白いチューリップ台も必要になると思うんだ。今こそ、我々遊技機メーカーが初心に帰らないと、パチンコ初心者を増やすことは出来ない」

実はこの遊技機メーカー関係者は、お小遣い制のご家庭。だから思いっきりプライベートでパチンコ遊技が出来ません。大学生時代にハマっていたパチンコ遊技を懐かしく思っております。

これから作りたい遊技機は、今の大学生やリストラされた方々でも気軽に参加して頂ける遊技機。 持論は等価交換ではなく30玉か33玉交換の4円の復活です。


低価交換を前提するのは良いと思うけど、チューリップ台とかがほんまに業界に新規層を取り入れるパイプになると思うんか?まだ人気のアニメ台とかのほうが役にたってる気するけど。既に羽根とかはいくつも市場にでとるやん?毎回そんな大きな人気・話題にならんやん?非ユーザーに対する訴求力なんて感じられへん。必要やと思うけど、今もこれからもP業界のごく一部のニッチ分野とちゃうか?