ねくすとフェーズ パチンコ



信頼感んんwwwww
2018年の規則等改正に伴い、「パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴」、「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」、「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.」、「ハッピージャグラーVⅡ」等の設置期限がこの年末迄となるからだ。これらの機種は、パチスロユーザーから絶大な支持を得ている人気機種で、パチンコホールにとっても経営の柱となるものである。これらの機種の設置台数は全国で10万台以上に上り、みなし機等、他の機種と合わせれば、パチンコ業界全体で15万台を超える台数が撤去される事になる。

昨今の業界事情を勘案したうえで、より大きな経営的視点から見れば、撤去機種に高設定を配分することは、パチンコホールにとって一概にマイナスとは言えない。撤去機種への高設定配分は、そのまま当該ホールへの、ユーザー達の「信頼感」に繋がる。信頼感とは即ち、「このホールは高設定を入れるお店」という認識である。

そのような中、人気機種の「撤去イベント」は、ホール側のイベント示唆の要素も多分に含まれるが、しかしどちらかと言えばユーザー側がより盛り上がるイベントである。ユーザー側が発信する期待感に応えることで、パチンコホールは今後生き残るための信頼感を獲得するしかない。全国のパチンコホールを見渡せば、人気機種の撤去イベントからは、このような思惑が透けて見えるはずだ。

一方で、経営資源に乏しく日々の営業に汲々としているパチンコホールでは単なるガセイベント化する可能性の方が高い。機種が撤去されるのではなく、パチンコ店自体が「撤去」されてしまうかも知れない現状。人気機種の撤去は、業界の冬を厳冬に変えていく。いくつのパチンコホールが、春を迎えることが出来るのか。

わるいことはいわん、これよんでる君ら、やめとき。たぶんこの記事は前の初まど撤去で盛り上がった時のやつを言ってるんやろうけど、まじで店にそんな余裕ないぞ。いちばんあかんのはそのへんにあるクソ店が撤去祭りイベントに便乗して告知しとるやつに乗せられるパターンや。気を付けろよ、金は無駄にするな。